代表者挨拶

代表者挨拶

ペットリゾートカレッジ日光のホームページにアクセスをいただきありがとうございます。
2007年において、日本には2400万頭を超えるコンパニオンアニマルと呼ばれる犬や猫が皆様のご家庭で生活しています。ペットと暮らすことは日本でも文化になりつつあり、かけがえのない喜びが生まれ、また今後もますますペットの需要は高まっていくことでしょう。
一方で、毎年数十万頭のペットが保健所などで 殺処分を受けています。これにはさまざまな要因が挙げられますが、飼い主様のモラルの向上だけではなく、ペットを供給する側も、問題意識を持ちしっかりとした方法で“命”あるペットを引き渡していかなければいけないと考えています。
私たちペットリゾートカレッジ株式会社も、ペットの販売システムの “動物病院ダイレクト”の運営を行ってきました。動物病院でお引渡しを行うことで、“命”あるペットとして、販売後のトラブルを未然に防いだり、マイクロチップの装着済み販売を行うことにより飼い主様に“生涯の家族“の意識を高める方法をとっています。おかげさまで販売開始以来たくさんのお客様さまにペットをお譲りすることができました。
しかしながら、現実にはペットを迎えた当初から、10数年の間には飼い主様にはとても予想のできない、沢山の出来事が起きます。飼い主様自身の病気、家庭環境の大きな変化、突然の海外赴任 などです。当然このような場合でも継続的にペットを飼い続けることが、飼い主の責任であり、かつペットにとっても理想であることは間違いありません。いかなる場合でも、健康的な生活環境のもと、ペットの生涯を全うさせることが最優先されるべきです。私たちも過去にこのようなお客様からのご相談を受けたときには、このようなご説明をさせていただきました。
但し、それがどうしても叶わないときに、私たちがセカンドライフサポートというサービスで飼い主様のペットに対する責任を果たすお手伝いをさせていただくことができます。この日本でも初めての事業は、ペット業界に携わる私たちのひとつの使命であると考えていますが、まだまだサービスの質や種類をさまざまなお客様やペットに合わせて向上させていかなければなりません。何かご不明な点やご意見がございましたらなんなりとお申し付けください。
ペットリゾートカレッジ株式会社
代表取締役社長
正宗伸麻